ペットの正しい飼い方

 

日本は、昨今ペット大国と化しています。年々ペットを飼う人が増加しており、2003年に至っては、15歳未満の人口を犬・猫の飼育頭数が超えてしまったというデータまで残っているほどです。また、ペット増加の一方で近年の少子化の進行もあり、今では日本は少子高齢化、ペット増加という構造が起きているのです。 ペットを飼う上で、トラブルは避けたいものです。そのためには、飼い主のしつけと、マナーが絶対的に必要になるでしょう。近隣の住人や、社会生活において周りの人に迷惑をかけないようにきちんと考えてほしいものです。

ペット公害と呼ばれるものがあります。それは、鳴き声、悪臭、不衛生といった3つの要素が代表的なものとして挙げられます。鳴き声は、犬が吠えて堪らないということで、マンションのような集合住宅で起こりがちなトラブルの一つです。悪臭は、例えば糞尿の処理を怠ってしまったり、きちんとお風呂に入らせていないことで、独特の動物の匂いが周りに広がってしまうことで、近隣住人との仲が悪くなってしまう場合もあります。不衛生も、似たところがあります。動物が好きな人ならともかく、あまり得意でないという人たちにとって動物は汚いと考えている人がいます。そんな人に不快な思いをさせないためにも普段から衛生状態には気をつけておかなければならないでしょう。

ペットを飼う人は当然、動物が好きな人たちです。しかし、周りの人も全員が全員動物に対して理解のある人とは限らないので、その人たちへのケアが正しい飼い方への第一歩だと言えます。

≪外部サイト≫
ペットの出張買取を行っているペットショップのサイトです ⇒ ペット 買取